アルアル

三日坊主、坊主が三日間も経たないうちに何かを習慣づけることをやめる話かと思いきや、坊主という職業(修行)がきつすぎて3日でやめることが由来となってるらしい。

ブログが続かないのはブログを書くことがきついんじゃなくて怠惰が原因なんですけどね。

初潮以降、自然と自分の生活に一ヶ月ごとの区切りができるようになってから、人の感情とか気持ちは結局分泌されるセロトニンやらに大きく左右されること、そして自分の意思でそのようなホルモンの分泌がコントロールできないことをここ数年認識するようになったり、単純に空間的な環境が無意識的に自分のやる気を削ぎ落とすことを自覚したりし始めてから、いちいち自分の感情の源を探るようになっている。

で、結局自分の行動を邪魔してくる存在って怠惰であるなあとこの頃よく実感して、でなんなんだこの怠惰ってやつはと怠惰の定義とか源が気になってちょっと調べてみたところ、Bertrand Russel という20世紀のイギリスの哲学者の怠惰への讃歌という文章にいきついた。

In Praise of Idleness By Bertrand Russell

書かれた1932年当時でさえすでに技術の発展により人間は4時間労働で全員が食べていけるし生きていけるという認識があったのにも関わらず、相変わらず少なくとも日本では過労死がまだまだ騒がれているのはとても滑稽であるし、 belief in the virtuousness of workを批判しているが、それなんて未だにしっかりと日本社会に根付いている考えなように思える。

ただ当時は地主たちが自分たちが楽しようと労働の賛美の倫理を労働者に押し付けていたのに対し、現代ではだいぶ状況が違ってきているだろう。アラブの石油王ともなれば同じ論理で(労働組合の力は確実に幅を利かせているとはいえ)今も労働者が長時間働かざるを得なくなっているかもしれないが、日本では富裕層でさえ過剰に働いている人たちが多いように思う。根拠はないけど。結局は色々なものが生産されて選択肢も増え、人々の欲望に歯止めが効かなくなっていることが原因の一つなのかなと思う。

また、当時はまだまだ労働といえば肉体労働のみであっただろうが、今や経済活動の8割近くは第三次産業、いわゆるcreativityが必要とされる労働であって、本当に楽しいからこそ仕事に従事している人たちも一定数いるだろう。

 I am never so happy as when the morning comes and I can return to the toil from which my contentment springs.' I have never heard working men say this sort of thing. 

少なくとも自分もバイトをしていたときは相当楽しく働いていたのでやりがい(というとまたvirtuousness of workの倫理が気づかない間に自分の中にも根付いていたのかなとか思ったりするが)を感じていた。

あと、単純にこの事実にびっくりした。

 In England, in the early nineteenth century, fifteen hours was the ordinary day's work for a man;

まじかイギリス人。

 

 

この文章を読んでも自分の宿題のやる気のなさの原因に対する納得するような結論はでなかったけど、文書は面白かったし、今のこの学生って時間なんてずっと余暇でしかないのだから、仕事みたいに義務感に押されて宿題をすること自体あほらしい、やりたくなったときにやるべしですね。

Duolingo始めてみた

電車内とかでさらっとフランス語を勉強できるアプリなんてないかなあと探して見つけたアプリduolingo、いまのところ楽しく進められている。まだ進度5%だけど。

これツリー完璧に完成させられたらどれくらいのフランス語力を得られるんだろう。

一応目標としては1月ごろまでに仏検準二級レベルに達したいんだけども、どうなんだろう、結構無茶??計画の建て方の見当がつかない。

とりあえずduolingoのツリーを10月中に終わらせる計算だと、残り67単元あるから、1日約2単元進められれば良いのね。

不安〜でもやるっきゃない〜。てかこんだけフランス語集中的に勉強していざ使わないとなったら悲しいな〜。使いたい使いたいぞ。

今日急に寒くなって、秋の到来を感じた。数日前に中秋の名月も出てたしね。

あっというまに2017年になるんだろうなあ〜。

 

フランス語の勉強を始めてみた

これといった理由はちゃんとあって、フランス語の勉強を始めた。

とりあえず入門者用の文法書、単語帳、リスニングの本を本屋さんで厳選して買って、今進めている。

脳みそがおとなになって、文法から一つの言語を勉強するのが多分初めてで、

Nous と Vous がいつもごっちゃになってしまう。

あ、これ日本語でいうところの私たち と あなたたちがごっちゃになってるってことか〜と思うと不思議。多分死ぬ間際で意識が朦朧としてても間違えないもんね。

でも今のところ楽しんで勉強できていて、もっと勉強したいと思って時間を割いているんだけど、間近に向かえた研究成果発表が危うくなってきて焦ってる。

とりあえず一冊ちゃんとマスターすることに集中するぞ。また図書館いってむやみやたらに本を借り出す未来が見えるなあ〜。

 

 

ストレスってこんなに体に現れるのか〜

もう三週間ぐらいずっと口内炎が出来続けていたんだけど、ついに舌にできてしまってうんざり〜〜。

口内炎が痛む場所ベスト3は

1. 喉

2. 舌

3. 下唇

で、今まで喉と舌は一回ずつしか経験して来なかったんだけども二回目の舌をただいまお迎え中。

あとは喉、というより扁桃炎が腫れたときの痛みがあったり、なんか飲み込みづらくなったり、空気ばっかり飲み込んじゃったり、サプリを飲んでお水も大量に飲んでほうれん草もたらふく食べているのに何かと体が不調...。

原因ははっきりとわかっていて、次の発表までに時間がないのに成果がなくてやる気もないからですね。

とりあえずやるべきことは早めにやる大人になりたい。

あとフランス語ペラペラになりたい。

あとシンゴジラと君の名はと怒り観たい。

スイス旅行

もう一ヶ月前になるのか、、、戻りたいなあ。

泊まった場所:

チューリッヒルツェルン→ツェルマット→グリンデルワルト→インターラーケン→モントルーチューリッヒ

 

とりあえずツェルマットまで思い出の付箋として(なんかおしゃれ)写真を厳選してみた。

今思えばホテルとか飛行機とかご飯とかの写真もとっとけばよかった。

自治体の力が強いのにまとまって、国全体で観光業に力を入れてるがすごいよくわかる国だった。どの風景を見てもキレイ。首都のチューリッヒも時計台(教会)以外高い建物がなくて、変に都市化されてなくて風情あふれる街でした。

残りはまた後日あげよう。

 

 

一日目

成田〜チューリッヒはSWISSの直行便を利用しました。正直、普通といった感じで、あまり魅力的な映画もなかったためまだ観たことなかったThe Big Bang Theoryのseason9 ep1~4を観た。ペニーとレナードが誓いを立てるときにペニーがYou've got a friend in me の歌詞を読み上げたのがくだらないけどめちゃくちゃおもしろかった。その後曲をダウンロードしましたとさ。

 

f:id:sidfuh:20160909232139j:plain

チューリッヒの町並み(リンデンホフの丘)

 

二日目ルツェルン〜ツェルマット

基本的に街歩きした。壁が自由に塗られたりして素敵な街でした。

f:id:sidfuh:20160909225143j:plain

ルツェルン、亡くなった傭兵の記念碑、瀕死のライオン

表情が痛々しい

f:id:sidfuh:20160909225247j:plain

カペル橋

f:id:sidfuh:20160909225221j:plain

木造のカペル橋のつなぎ目、凝ってる

f:id:sidfuh:20160909225331j:plain

氷河特急からの景色

ひたすら絵画の世界におじゃましているくらいずーっと景色がきれい。

緑があざやか。

f:id:sidfuh:20160909225629j:plain

その2。谷間ってなんかよい。手が反射して窓にうつっちゃってるのちょっとこわい。

 

三日目ツェルマット

環境保護のために電気自動車しか走っていないからか、空気が澄んでいて、美味しかった。川が白濁としていたのも印象的。

f:id:sidfuh:20160909230039j:plain

ツェルマットから登山鉄道でゴルナーグラートへ、人生初氷河

f:id:sidfuh:20160909230140j:plain

カルデラ!水の色が鮮やか。

f:id:sidfuh:20160909230427j:plain

マッターホルン!!結構晴れてたけど、てっぺんの雲がなかなかとれなくて残念。

f:id:sidfuh:20160909230522j:plain

てっぺん〜〜本当に目立つ。凛としてる。

f:id:sidfuh:20160909230658j:plain

こんな贅沢なお昼もないので記念にとった一枚。カレー美味しかった。

f:id:sidfuh:20160909230846j:plain

高山植物マッターホルン。ピント合わせるのが難しかった。

f:id:sidfuh:20160909231042j:plain

スネガ→ロットホーン また氷河。人が全然いなくて本当に大自然の中におじゃましている感じがした。

f:id:sidfuh:20160909231143j:plain

スネガにあった公園?みたいな場所。オムツ姿の子供が走り回っていてこれぞ幸せって感じでした。ふとシリアの内戦のことを思い出してしまった。世界がこんな風景であふれたらいいのになあ。こんなに便利な道具をたくさん発明する頭のいい人間なんだから戦争のない世界が実現してもいいのになあとか思うけど、難問なんだろうなあ。とかなんかそんなことを考えながら撮ったきがする...。

 

 

次いつ書くのやら...

 

 

大学院で学ぶ意味

www.wired.com

http://www.wired.com/2016/08/college-wont-train-job-thats-just-fine/

 

最近本当に大学院への進学を決めてよかったのか、やっぱり就職しとけばよかったんじゃないかとよく考える。

もともと手に職が欲しくて理系に進んだところもあったのに、大学にいって3年間勉強しても特に職が身につかなかった。だから大学院まで進んでみよう、3年間何かについて研究すれば結構なスキルが身につくだろう、と思って大学院進学を決意した。

けど冷静に、理系だからといって手に職って大学で身につけることでもないな、と最近やっと本気で思う。だったらやっぱりもう就職すればいいんじゃないかなって発想に至る。

 

ただせっかく理系にすすんで、あまり身についている実感がないとはいえ3年間勉強してきたのだからちゃんと自分が納得するまで研究を進めたいという思いがあるから進学を決意したんだそうだそうだ。(自己暗示)

 

 

夏休み、時間がありあまるとついつい今やっていることの目的を見失いがちだなあ。

 

 

 

時差ボケがなおらない

 

この間スイス旅行に行ってきたお話をまとめて書いているんだけど一向にまとまらない。っていうかなぜか写真が投稿できないぞ。なんでだ。

と思ってこのページでアップしてみたらいけた...無念。

 

先週の日曜日に帰ってきたのに全然時差ボケが治らなくてここ2日間まともに寝れていない。気になってネットで調べると社会的同調因子が少ない内向的な人は治りにくい、と書かれていてうるさいぼけえ〜となった。

 

それはそうと「時差ボケ」でグーグル先生に聞いたら横に初めてみる様式の情報が掲載されていた。

 

f:id:sidfuh:20160830000431p:plain

 

気になったので「アレルギー性鼻炎」で検索するとまた似たような画面が出てきた。

どうやら病気の名前を入れるとすぐにその病気の症状と対処法についてまとめてくれたガジェット?っていうの?を表示してくれるらしい。

ちなみにスポンサーはmayo clinicというアメリカのNPOでした。しかもアメリカに3つの病院をお持ちでした。これはどっちがどっちにお金が支払われているのだろう??

英語でしか表示されないので将来的には日本語での導入もありえるのかな。たしかにきれいにまとめられていて読みやすかった。ウィキペディアをさらにまとめました、みたいな情報量。

今晩こそ寝るぞ〜。